08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

2010夏*四国周遊記・3 

FH000007_20100916194920.jpg
オーベルジュ土佐山・Bar   Rollei35

美しく澄んだ空気と水、そして夏の緑に囲まれたオーベルジュ土佐山。
地元の木材や和紙をふんだんに使った建物は、ほんとうに居心地がよく癒しの効果抜群。
客室は12室のホテル棟と、吊り橋を渡ったところにある4棟のヴィラからなります。
今回利用したのはヴィラのほうです。

オーベルジュ土佐山公式HP
高知県高知市土佐山東川661

週末利用の1泊だけでしたが、今回のお宿はとても素敵で心に残りました。
この記事はお宿のみでお送りしたいと思います(笑)



オーベルジュはけっこう山の中にありました。
20100731?0801香川高知 200
深い山の緑に囲まれたなかに、ひっそりとたたずんでいます。
※もっと明るい時間に到着したけど、散歩を終えて戻ってきたときの灯りが映える様子のほうがきれいだったので、紹介写真の時間帯が前後します。
20100731?0801香川高知 204
エントランス棟は全面ガラス張りになっていて、外から眺めても中から眺めても美しい。
この棟にはフロントのほかに、大浴場(露天風呂あり)、バー、食事処などがあります。
20100731?0801香川高知 211
TOP写真もこのBARなんですが、夜になるとお酒が並んで雰囲気抜群です。

私たちの宿泊したヴィラは、ここから外に出て吊り橋を渡った先にあります。
なんだか本当に「離れ」です。
玄関を入ると、総吹き抜けの造りになっていて木の香りのするお部屋が。
20100731?0801香川高知 147
さすがにこの空間を冷やすには、この規模(ベッド上の配管)の冷房じゃないと無理かも。
とても床上高のベッドですが、このわけは、ベッドに寝転んだときにバルコニーの柵が視界に入らないで山の緑が臨めるようにと配慮されたものなんだそうです♪
20100731?0801香川高知 151
座敷童ではなく、そらです(笑) とっても広くて大喜びしてました。
ヴィラの素敵なところは、まだまだたくさんあるんですよ!
ミニキッチンがついていて、コーヒーやお茶セットが自由に利用できたりします。
香川高知1
サニタリールームもタイルやレンガで造られていて素敵☆
大浴場の温泉を利用したので、ヴィラのバスルームは利用しなかったのですが、解放感があって光をたくさん取り込めるスタイル。
こんな別荘がほしい!っていう理想が形になった感じ♪

夕食まで時間があったので、近くを散歩してくることにしました。
香川高知2
山百合や栗、名も知らぬ草花がたくさん咲いていました。
夏の山はいいですね。なんとなく懐かしさを感じる空気に満ち溢れています。
途中で蛇が出てきて、そらと一緒にぎゃー!と叫んでしまったけど(笑)

小1時間ほど散歩をして戻ってくると、あたりは薄暗くなりつつありオーベルジュの灯りがとても温かく浮かび上がっていました。(2枚目の写真がそうです)
お風呂で汗を流したら、おまちかねの夕食タイム。
香川高知4
オーベルジュの名にふさわしく、厳選された地元の安全で新鮮な食材を使った会席料理です。
冷碗の「地鶏と茄子の冷やし汁」(写真右上)が、予想外のおいしさでびっくりでした。
私はお酒を飲まないのでいつもそらと一緒にフレッシュジュースを頼む派なんですが、このとき勧められたのが、湧き水と有機生姜で作った鏡川ジンジャエール☆
ジンジャーエールが好きな人、ジンジャーエールが苦手な人におすすめのガツンとくる味というので私は後者で生姜は好きだけどジンジャーエールは苦手だったのですがチャレンジしてみることに。
一口飲んでびっくり。本当にガツンときます!おいしい!
香川高知5
高知といえば土佐ジローの卵は有名ですが、食事のときに出た土佐ジロー卵を卵かけご飯にして食べたら、頬が落ちるほどのおいしさでした☆びっくりー!
オーベルジュに宿泊の際には、この2つは外せないなと思いましたよ(笑)

会席料理として運ばれてくるお料理のほかに、ダイニングには田舎寿司やおでんなどがバイキング形式で用意されていて自由にいただくことができます。
私たちはヴィラ宿泊だからなのか、ダイニングの奥の広い個室でのお食事だったのと、会席だけで十分お腹いっぱいになってしまったので、食べられませんでした。

ヴィラに戻る前に、フロントでCDを借りました。
オーベルジュにはテレビも時計もないので、時間に振り回されることなくゆっくり過ごせます。
膨大な量のCDコレクションもあり、好きなものを2枚まで借りることができます。
私もそらとそれぞれ好みのものを借りて、部屋で音楽を聴きながらソファに寝転びながら本を読んだり日記を書いたり・・・各々の時間を満喫しました。

旅先での夜は静かに更けていきます。
関連記事

category: 四国周遊2010夏

2010/09/19 Sun. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。