10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

2010夏*四国周遊記・15 

FH000036_20101021214626.jpg
滑床渓谷   Rollei35

四万十川の支流のひとつに広がる滑床渓谷。
浸食されたなめらかな川床が特徴で、滑り落ちたい衝動にかられます(笑)
12キロに渡る大渓谷は1日かけて楽しめる場所でした。



2010年8月16日・旅4日目

2回に分けて旅した四国周遊の旅、最終日は朝から晴天に恵まれました。
この日は、ホテルから歩いてすぐの滑床渓谷で自然浴をすることに☆
20100813?16愛媛ist 268
出合滑(であいなめ)です。
ごつごつした岩の集まりではなく、1枚の平たい岩の上を透き通った水が流れ落ちています。
水量が多く、ゴウゴウとした水の音で雑音はすべて吹き飛ばされた感じです。
20100813?16愛媛ist 256
ここからさらに上へと山の中を歩いていきます。
しかし、この日も37℃超えという恐ろしい猛暑…体温より高いって…。
私はすでにバテぎみです
途中、猿の水浴びなんかもみられました。のどかです。
愛媛11
なんとか40分ほどかけて日本の滝100選にも選ばれている雪輪の滝(左)まで到着しました。
なめらかに滑り落ちるような滝で、高さがあるので迫力はありますが華麗な印象。
このすぐ近くには、なだらかな滝のような場所があり、地元の子供が滑り台にして遊んでいました。
20100813?16愛媛ist 295
落ちる場所がけっこう深い水だまりになっているので、思いっきりドボンといっても大丈夫。
そのあと流されないようにしないと大変なことになっちゃいますが。
20100813?16愛媛ist 293
ちゃんとお母さんたちが横で見守っていました。
こんな自然の滑り台、私だったらぜったいやっちゃうな!そらは怖がりだからやらないけど。
20100813?16愛媛ist 294
雪輪の滝のすぐ近くにある落合淵。
青緑色に見える澄んだ水だまりになっていました。ここからもさらさらと水が流れ落ちます。

ほんとうはここからさらに山に入った千畳敷まで歩くつもりだったのですが、あまりの暑さで持参した飲み物が残り少なくギブアップ。出合滑のほうまで戻ってランチタイムにします。
20100813?16愛媛ist 329
出合滑は人がいっぱいだったので、ちょっと上のほうの急斜面で流れのきついところに場所取り。
岩がごつごつじゃないので、どこに座っても痛くないし昼寝するにもフラットでいい♪
20100813?16愛媛ist 321
あまりの暑さで着ていた服が汗でびしょびしょだったので、脱いで乾かしています。
でも岩がとっても冷たくひんやりしているので、太陽ギラギラじゃないと乾かない(笑)
20100813?16愛媛ist 310
屋久島の渓谷で溺れたので、水の流れに足をとられちゃうから触るだけだよ!と忠告したのを素直に守るそら。私が座って足を入れたりしていたのをマネしていると、キャニオニングで人が横を滑り落ちていきました! すごーい!やりたーい!と叫んでいるのは母だけです(笑)
20100813?16愛媛ist 325
水はびっくりするほど冷たい!暑くてうだっていたのに、一気に凍り付いてしまう。
しかもこんなところで立った日には、一瞬にして流されてしまうだろうという水流の強さ。
そらと並んで入っていましたが、このあと足で水かけ大作戦!になったのは言うまでもありません
20100813?16愛媛ist 292
生き返る。
そんな気持ちにさせてくれた滑床渓谷でした。
ちょっと遠いけど、ぜひまた行きたいです。
関連記事

category: 四国周遊2010夏

2010/10/21 Thu. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。