08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

2010夏*四国周遊記・16 

長年、夢に見た下灘駅に来ることができました。青春時代がよみがえります。
77990007.jpg
JR四国予讃線・下灘駅   Rollei35

メインにもってきてはいないものの、この旅のいちばんの楽しみでもあった下灘駅。
青春18きっぷのポスターに何度か起用されたことがあります。
でも、下灘駅がポスターになった頃の私は、すでに時間をお金で買う「大人」になってしまっていてポスターを見ては、鈍行列車で旅をした青春時代を懐かしんだものです。
1日のほとんどをローカル列車の中で過ごすこともあったりして、携帯電話も持たない時代でしたから時刻表をパラパラめくって乗り換えを調べたりしたっけ。
今でもときどきふと思い出す、懐かしくて温かい思い出です。

FH000038_20101022224927.jpg
JR四国予讃線・喜多灘駅より   Rollei35

喜多灘駅は下灘駅と数駅離れていますが、夕日の名勝地として地元では有名らしいです。
とにかく海が青くて痛い(笑)うまく表現できませんが、青に襲われる感じでまぶしいです。

ちなみに上記2枚の写真、Rollei35で撮っていますがフィルムが違います。
ものすごく印象の異なる写真に仕上がっていたのでびっくりです。




東京に帰る前に、どうしても寄りたかったのが下灘駅でした。
滑床渓谷から松山空港に行くルートとしては、西予宇和ICから高速に乗って伊予か松山で降りるのが一般的なカーナビルートなのですが、途中、大洲ICで降りて海岸沿いを走ります。
20100813?16愛媛ist 333
すると、ずっとこんなに青い海の横を並走できるんです!
夏の太陽に照らされた海は最強の青さですね。空と海が溶け合ってしまいそうな感じ。
町家別荘こころのオーナーさんに下灘駅に行くんです!って言ったら、「喜多灘じゃないの?夕日で有名だし、夕日は見られなくても展望所があるから寄ってみるといいよ」と言われたので立ち寄ってみることにしました。
愛媛12
たしかに、目の前に遮るものがなくて素晴らしい景観!ここからの夕日は美しいでしょうね。
とはいえ夕方の便で帰らなくてはならないので、今回は夕日は見ることができません。
せっかくなので、駅まで行ってみました。喜多灘駅はちょっと高いところにあって、海から少し離れてしまいます。無人駅で、とてもローカルな匂いがしました。

そして、やってきました下灘駅。
20100813?16愛媛ist 366
ここも無人駅で、自由に入れてしまいます。そして海が目の前に迫っている感じ!
すごい。感動です。
20100813?16愛媛ist 368
これがプラットホームで、海側が線路です。
私たちが到着した時に、ひとりの男性が一生懸命に写真を撮っていました。
その気持ち、すごくよくわかります。きっとここを目当てに来ているのですよね。
20100813?16愛媛ist 373
なんとも解放感にあふれていて、こんな駅はなかなかありません。
そらと一緒に、このベンチに腰かけて海を眺めていたら、電車がやってきました。
20100813?16愛媛ist 377
とてつもなく本数が少ないのに、喜多灘駅で遭遇した上り列車に引き続き、ここでは下り列車。
もうこれだけでラッキー☆ この旅での最高のお土産になりました。
この感動を胸に帰ることができたので、最後にとっておいてよかったと思いました♪

あ、お土産と言えば、空港で面白いものをみつけたのです。
20100813?16愛媛keitai 015
みかんパン(笑)
みかんの形をしているだけじゃないんです。みかん果汁で作ったパン。
飛行機の中でいただきましたが、とても美味しかったです。


今年の夏は、とても暑かったけど思い出に残る旅ができて幸せです。

【四国周遊記・完】
関連記事

category: 四国周遊2010夏

2010/10/22 Fri. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。