10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

朝のリブリャナ散策 

市街地を流れる川沿いにはアンティーク市や青果市場が、あちこちにでます!
FH000004_20100510085848.jpg
リュブリャニツァ川   Rollei35

スロヴェニアの首都・リブリャナの市街は、新市街と旧市街を分けるようにして
リュブリャニツァ川が弓状に流れています。
川にはスロヴェニアを代表する建築家のヨジェ・プレチニクが設計した橋がいくつか
かかっています。4匹の竜が欄干にたたずむ竜の橋(Zmajski most)は市の象徴です。

見どころはCenterにこじんまりと集中しているので、数時間でみてまわることができます。
*     *     *     *     *     *     *     *     *

さて、宿泊したホテルについて書く前に、今回の旅のスタンスについて。
『普段と同じような(暮らすような)感覚で旅したい』と思っていました。
言葉にするのは難しいのだけど、気取らず欲張らず焦らず・・・できたらいいなぁと。
でも、予算も期間も限られた旅なので、理想どおりにはならなかったりもするけど
女ひとり旅っていうと、なんだかものすごい体育会系元気の塊(?)のようなイメージを
もたれたりするんですが、実は私、胃腸虚弱&体力人並み以下(苦笑)
おまけに語学力もイマイチなんですから

朝しっかり食べたら昼はカフェでちょこっと済ませば十分だし、海沿いのベンチで地元の
パン屋でハムやチーズをサンドしてもらったパンを頬張るのだって、とっても楽しい。
ひとり旅のいいところはたくさんあるけど、胃腸の弱い私にとって、食事を自分のペースで
調節できるっていうのがとっても楽でいいのです♪
それに、泊まる場所っていうのも私にとっては重要。
私は体力もいまいちないので(ダメダメですね・・・)、歩き疲れたら宿に戻ってゴロンとして
次はどこに行ってみようかな?なんて考えたり、散策中に市場で買った果物やヨーグルトを
嬉々としておやつに食べたり
なにより、自分で選んだ宿っていうのはずっと思い出に残っているんですよね☆

今回の旅でホテルを利用したのは2ヶ所だけなんですが、その1つがここ。
Antiq Hotelです。
2010GW旧ユーゴ旅
夜遅い到着だったので、誰に聞いてもわかるようにホテルにしようって思ってました(笑)
タクシーの運転手さんもホテル名を言ったら「ああ、わかるわかる!」って言ってました。
その名の通りアンティークな雰囲気の館内は、間接照明がやわらかい印象をもたらしてくれます。
私は残っている中でいちばん安い部屋(でも123ユーロ)なので、ちょっと窮屈に見えますが
ひとりで利用するには十分すぎるほど部屋もベッドも広いです。
シャワールームに用意されていたバスタオルもアンティーク調で、リネンのワッフル地で縁に
刺繍がほどこされていました。こういうの大好きです!
小窓はステンドグラスで、写真は夜ですが、朝の光を受けたところは素敵でした。

そして、このホテルは朝食がとっても豪華☆
20100422?0504旧ユーゴ旅 020
翌朝の8時に行ったらいちばん乗りでした。
前日は機内食オンリーで済ませてしまっていたため、やっと普通の食事だ?☆と、
けっこういろいろ食べてしまいました。
2010GW旧ユーゴ旅1
フルーツが豊富で、私が気に入ったのはベリーの盛り合わせ。
ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー、クランベリーを、ヨーグルトに混ぜて食べました。
最高に美味しかった?!おかわりしてしまったくらいです(笑)

食後はそのまま散策へGo!
20100422?0504旧ユーゴ旅 024
ホテルの外観。(オープンテラスのある建物がそうです)
16室だけの小さなホテルです。

2010年4月25日、この日は日曜日。
リュブリャニツァ川沿いでは日曜日になると、大規模な蚤の市が開催されると知り、
そのためにわざわざリブリャナに来たと言っても過言ではありません。
フロントでどの辺か確認すると、「川沿いのあちこちでアンティーク市をやるけど・・・
あぁ、今日はちょうど日曜日!やってると思うよ!この辺で!」と地図で教えてくれました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 026
ホテルからは歩いてすぐの距離。
広場を抜けて脇道に入ったら、もうリュブリャニツァ川に出ました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 032
この川沿いを歩いていくと、おや、テントらしきものが並んでいるのが見えます!
自転車に乗ったおじさんがすれ違いざまに「あそこ見ていったら?中古市だよ^^」と
英語で声をかけてくれました。アンティークなんて言わなくて、古いものって言ったのが
なんだかいい感じで、わくわくしたのですが・・・
20100422?0504旧ユーゴ旅 035
残念なことに、まだ準備中!
朝からやってるってことだったけど、こっちの朝は遅いのでしょうか・・・
でも、家庭で使っていたであろう古い家具やら雑貨などが積み上げられていたので、
これぞ本当のフリーマーケットだ?と、気分は盛り上がってしまいました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 036
ぼーっとして待っているのもなんなので、ちょっと周辺を散策してくることにします。
川沿いにはレンギョウが咲いていて、新緑とのコントラストがとってもきれいです。
関連記事

category: リブリャナ

2010/05/10 Mon. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。