08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

路地裏を歩く 

FH000014_20100515155050.jpg
タルティーニエフ広場   Rollei35

タルティーニエフ広場の中央には、ピランが生んだ作曲家・バイオリニストの
ジュゼッペ・タルティーニの銅像が建ち、ツーリストインフォメーションの入った
市庁舎やホテルやカフェ、お土産屋さんに囲まれています。

また近隣のリゾート地、ポルトロージュへ行く場合には、この広場から出ている
バスを利用すると便利です。(日曜日でしたが、かなりたくさん出てました。)
*     *     *     *     *     *     *     *     *

城壁からいったんペンションにもどり、余計な手荷物(上着やガイドブック等々)を置いて
身軽になったところで、今度は町のほうへいってみることにしました。
だけどペンションを出てすぐの雑貨屋さんのディスプレイが素敵過ぎて、吸い込まれるように
店内に入ってしまいました。
スロヴェニアのハンドメイド雑貨を扱うshopだったのですが、そのセンスのよさといったら♪
どれも欲しくなってしまうほどでしたが、吟味に吟味を重ね(笑)、ボビンレースのモチーフと
雑貨数点を買いました。
旧ユーゴ旅携帯等
中でも、これらは素材が「ガラス」と「卵の殻」という、まさに壊れ物!
ガラス製品はスロヴェニアを代表するお土産のひとつ。
ハートマークはよくつかわれるモチーフで、ハンドペインティングなのがよくわかります。
エッグオーナメントは本物の卵の殻を使わないこともあるみたいなんですが、これは本物。
「とても繊細なものだから、ガラスよりも気をつけてほしいの」とお店の方に言われました。
本物の卵のパックに入れてくれるところが可愛いでしょう☆
私は外国人のお友達が何人かいるのですが、クリスマスツリーのオーナメントは旅先で買った
記念のもの(オーナメント仕様になっていなくてもいい)を少しずつ増やしていってるんだよって
教えてもらって、なんて素敵なんだろう!と感動したので、さっそく真似することにしたのです。
最初からきれいに飾りつけることよりも、少しずつ思い出を飾っていく感覚が素敵すぎます
(だから今年のクリスマスにはツリーを買うぞと決めました

雑貨について語りすぎてしまいましたが、部屋まで戻るのが面倒だったのでこの壊れ物たちを
持ち歩きながら散策開始です。(全然身軽じゃなくなりました。苦笑)

おもむろに気になる路地に入り込んで路地裏ウォッチング☆
20100422?0504旧ユーゴ旅 138
実際には路地裏なので、もっと薄暗いですが、わかりにくいので明度をあげています。
路地裏っていう響きだけでもわくわくしてしまいますが、地元民の生活感あふれる空間だけに
歩いていても飽きることがありません。
2010GW旧ユーゴ旅4
部屋からこぼれてくる子供たちの笑い声だったり、TVの音だったり、ひらめく洗濯ものだったり。
すぐに迷子になりましたが、同じ道を歩くことはなかったので、きっとそのうちどこかへ
出るだろうと思い、歩き続けましたよ(笑)
案の定、ピラン湾に面した通りに出ることが出来ました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 128
ここはレストランやカフェが軒を連ねた、とてもにぎやかな通りです。
釣りをたのしむ人や、日光浴をするカップルなどなど。観光客はここに集まっている感じです。
ここからまた路地裏散策に入って歩き回っているうちに、薄暗くなってきました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 147
夕食はこの海を眺めながらとることにしよう♪と決めて、どこに入ろうかとメニューを見ていると
どこのレストランの人も気さくに声をかけてきてくれます。
2010GW旧ユーゴ旅5
海に面したオープンテラス席のあるレストランにしました。
ボロネーゼとミックスサラダを注文。量の多さにビックリしましたが、美味しい!
食後にエスプレッソも頼んで、暮れてゆく海を眺めるのは至福の時ですね。
せっかくだから夕日が沈むところを撮りたいと思って、レストランをあとにしました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 152
きれい・・・。
もうその言葉しか出てきません。
20100422?0504旧ユーゴ旅 154
夕日に照らされた町も海も憂いにとんでいて、とても風情があります。
しばらく海を眺めていましたが陽が沈んだのでペンションに戻ることにしました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 160
タルティーニエフ広場に戻ってきました。20時になるというのに、まだこの明るさ!
夏の欧州は朝がくるのも早いし、夜の訪れは遅いので活動時間が長く取れます。
年末年始でチェコ&ハンガリーへ行ったときとは大違いで驚くことの連続です。
20100422?0504旧ユーゴ旅 162
最初にお土産を買った雑貨屋さんのウィンドウディスプレイ。夜見ても素敵!
私の買ったエッグオーナメントは籠に入っているものですよ。
それに、ここに置いてある陶器類はどれもセンスがよくて素敵でした。
このときはもうクローズしていたので、買っておいてよかったよかった♪
関連記事

category: ピラン

2010/05/20 Thu. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。