08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

てぬぐいを贈る 

FH000019_20100516195037.jpg
無花果とピランの町   Rollei35

スロヴェニアもクロアチアも旅していると、ほんとうによく無花果の木を目にします。
私が旅したGWの時期はちょうど無花果の実が膨らんできたころ。
無花果の干したものやジャム、蜂蜜漬けなどはメジャーなお土産品となっています。

こどもの頃、家の前に無花果の木が1本だけあって、毎年実をつけてくれました。
それをおやつにしてきたからか、今でも無花果が大好きな私です。
*     *     *     *     *     *     *     *     *

よい眠りにつくことができて、気持ちのよい朝を迎えました。
時差ぼけらしい時差ぼけにはなっていないのですが、やはりちょっとは体内時計が作用してか
早く起きてしまいます。(5時台に起きてしまう日がほどんどだったかな・・・)
朝食は8時からだけど外はもう明るいので、荷物をすべてまとめてしまって身支度をして
7時すぎくらいから散歩に出ました。
オーナーは1階のレストランスペースで歌を歌いながら朝食の準備をしていて、
私が下りていくと「MIO!もう起きたの?早起きなんだね。」と言われました。
「目が覚めちゃったから散歩してくるね。あと、家族に絵葉書を書いたから郵便局に行ってくる。」
と言ったら、「朝の散歩、すごくいいね!朝食、用意しておくよ!」と見送ってくれました。
FH000005_20100516200303.jpg
NATURA CLASSICA

朝の町は、どこもかしこも静かです。
海辺の階段に座ってぼーっとしたり、当てもなく路地裏をうろうろしたり。
8時になると郵便局(写真左の建物)が開いたので、絵葉書を出してペンションに戻ります。
この朝は荷物をまとめたときに一眼レフもRollei35もカメラバッグにしまってしまったので、
写真がぜんぜんありません。(軽いNATURA CLASSICAだけ持ってでかけてました。)

ペンションに戻り、そのまま朝食をいただくことに。
「うちの珈琲は美味しいよ。飲むでしょう?」と聞かれたので、「ミルクたっぷりで!」と
お願いしたら笑われてしまいました・・・。
朝食のあいだ、オーナーとたくさんお話しました。
名前の話になったので、漢字にはそれぞれに意味があって、私の名前はこういう意味だよと
教えてあげたところ(私は名前に「美」という字が入るので、これはbeautifulという意味に
なるんだよ、という具合)、「名前の通りMIOはきれいだね」と言ってくれました(〃∇〃)
お世辞としても、日本人はこういうことサラっと言えないですよね(笑)

今日はどうするの?どこまで行くの?と聞かれたので、レンタカーでクロアチアへ向かうのって
言ったら、ものすごい驚かれてしまいました!
「え!?MIOが運転するの!?本当!?」って。
・・・そんなに驚くようなことでもないと思うのだけど
ピランにはレンタカー会社がないので、隣のポストロージュまで行って借りるのって話したら
わざわざ行かなくてもレンタカー屋をここまで呼んであげるよということになり☆
レンタカーはチェコでも借りたけど、当日だと安い車がなかったりするので、今回は日本から
AIVISへ予約を入れておいたのです。
オーナーにその予約書を見せると、すぐに営業所に電話をしてくれて、予約している車を
持ってきてペンションで契約手続きができるようにしてくれました♪
すーっごく嬉しい! 
ポルトロージュまでバスで行かなくてはいけないのでカメラも全部しまったくらいなので、
荷物を持っての移動がなくなったというのは、本当にラッキーです。
配車してもらえることになり1時間ほど余裕が生まれたので、道路地図を買いに行きました。
オーナーに外せないみどころとか色々と教えてもらって地図をチェック。

オーナーにはすごく気に入ってもらって、とても親切にしてもらったので、お礼として、
日本からお土産用に持ってきた和柄の手ぬぐいを贈りました。
ものすごく喜んでもらえました☆
日本の万能ハンカチーフだからね!と言ったのだけど、「いやいや、柄がすごく素敵だから
テーブルセンターに使うよ!あ、壁に飾ってもよさそうだね!」と、アイディアが。
オーナーには「どうせなら、このままうちに嫁にこないか。」と言われたりしました(笑)

オーナーから「MIOは、今度ピランに来るときはいつ来ても何泊したって無料にするよ!
だからまた来てね。」と言ってもらって、記念に・・・と、絵をいただきました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 016
オーナーの描いた絵が、ペンションの各部屋にたくさん飾ってあるのですが、好きなものを
選んでいいよと言われたので、この絵を選びました。
ピランの風景です。
20100422?0504旧ユーゴ旅 127
ほら、同じでしょう。
この写真と同じくらい長いサイズもあって、それがとても素敵だったのだけど、これからの
旅のことを考えると持ち歩くのが大変なので諦めました。
バスタオルに包んで、洋服と洋服の間に挟んでスーツケースにしまいました。

レンタカーの手続きも無事にすんで出発するとき、オーナーも駐車場まで見送りに来てくれて
「これからメール交換しよう。お互いの日々の風景を写真で見せ合おう。」と約束しました。
仲良くなるのに時間など関係ありませんね。気が合えば、もう出会った瞬間から友達です。

さあ、いよいよドライブの旅が始まります。
20100422?0504旧ユーゴ旅 206
旅の途中で撮ったのでピランではありませんが、私の借りたオペルです。
ポルトロージュの車なので「PO」。
チェコのときと同じく、左ハンドル・右側走行・24時間点灯義務。
とにかく暑かったのですが、エアコンがきかず生暖かい風が出てくるばかり(>_<)
さっそく先が思いやられる感じになりましたが、窓を開けてLet’s go!
関連記事

category: ピラン

2010/05/21 Fri. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。