08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

天空に浮かぶ町 

FH000035_20100523185054.jpg
トリュフの森に囲まれた天空に浮かぶ町・モトブン   Rollei35

イストラでグロジュニャンと並び、美しいおとぎの町と言われるモトブン。
丘の斜面に沿うように建物が建ち並ぶ様子は、まるで町が天空に浮かんでいるかのよう。
町は13~16世紀にできあがり、今もほぼそのままの形をとどめています。
モトブンの森は別名・トリュフの森とも呼ばれ、あちらこちらにトリュフ屋さんが!
そしてここはジブリアニメの傑作『天空の城ラピュタ』のモデルになったのでは・・と思わせる場所でもあったりします。(事実関係は不明です。あしからず・・・・)

* * * * * * * * *

私がレンタカーを借りたのは、モトブンに行きたかったからというのがいちばんの理由でした。
特にこれといったみどころがあるわけではないのですが、何かの本で見た霧のモトブンがまさに天空の城ラピュタを思わせる情景だったからなのです。
20100422?0504旧ユーゴ旅 001
↑これはクロアチア航空の機内誌の1ページ。ちょうど霧のモトブンの写真があったので、切り抜いて持ってかえってきました。
霧のモトブンは秋冬のよく晴れた日の翌朝に見られることが多いそうで、緑に覆われた夏のモトブンでは期待は薄かったのだけど、でもどうしても行ってみたかったのです。
(ジブリアニメではラピュタがいちばん好きなんです♪)

グロジュニャンからモトブンまではとても近いので、車で20~30分もあれば行けそうな感じだったのですが、迷いました(>_<)
いったん山を下りなくてはいけないのだけど、下りる道がわからなくなってしまってぐるぐる同じ道を行ったり来たり状態・・・。
しまいにはいかにも民家という集落に入ってしまって、どっちへ行けばいいのかさっぱり!
これは一回車を止めて現在地を確認したほうがよさそう・・・と、道端に停車させて外に出て地図を広げて‘う~ん’と途方に暮れていたとき。(←どうみても道に迷い中の人。)
一台の車が私の車の後ろにつけて停車し、助手席に乗っていた女性が下りてきました。
ラッキー、道を聞いちゃおう!と思ってニッコリしたら、「すみません、イタリア語か英語、どちらか話せる?」と聞いてきました。

私 「英語なら多少話せませます。」

「OK。実は道に迷ってしまって、今どのへんなのかしら?」

私 「え?私も迷っているんですけど・・・でもたぶん、この辺かなと・・・」

ふたりで地図を覗き込んで、確認し合う。うんうん、そうよねきっと、という感じ。

「あなたもプーラに行くの?」

私 「今日はプーラまでは行かないけど。今はモトブンに行きたくて迷ってます。」

「そう。私たちプーラに行きたいんだけど、ここって標識がまるでないんだもの!」

みんな思うことは同じなんだな、と(笑)
しかし、どう見ても現地人じゃない私が地図とにらめっこしているんだから迷子に見えると思うんだけど、迷子に道を尋ねてくるお姉さんもツワモノですよ(笑)
結局、迷子同士で地図を見ていても埒があかないので、お姉さんが民家に突撃して道を聞いてきてくれました。無事、脱出成功!

山を下りて緑の中をドライブしていくと、見えてきましたよ☆
20100422?0504旧ユーゴ旅 207
きっとあれがモトブン。
山の上にあるところを撮りたくて、わざわざ車を降りて撮ってみました(笑)
町の中に入ってしまったら山の上にある町っていうことがわからなくなっちゃうから。

モトブンの丘へ上る道を通り過ごしてしまって、ちょっと先まで行ってしまったのですがUターンしようと少し空いているスペースに車を寄せたときに、バックミラーに移っていたモトブンの町があまりにきれいだったので、またしても降りて撮ってしまいました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 228
あ~、これこれ、これが見たかったんだなぁと感動。
写真を撮ってから、さっそくモトブンの町へ行ってみることにしました。
麓にも駐車場があるのですが、そこから歩いていくにはかなりの距離を上らないといけません。
駐車場のお兄さんから「有料だけど上に駐車できるスペースあるけど、どうする?」と聞かれ上まで車で行くことにしましたが、このとき初めて気がつきました・・・
両替していない!!(クロアチアはユーロではなく、クーナです)
でも、ユーロで支払えないか聞いてみたらOKだったので、この場はユーロでお支払い。
丘の上まで運転していき、駐車場というよりも脇道の空きスペースに斜め駐車する感じでしたがそこに駐車しました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 212
周りは緑いっぱい!とっても気持ちがいいです。
町のほうに歩き出そうと思ったところで、私の車が道路のほうにけっこう飛び出した状態なのに気づき、これは迷惑になってしまうからもうちょっと前に出そうと乗り込んだところ・・・

キュルルルルル・・・ キュインキュインキュイン・・・ キュルルルルル・・・

エンジンが、かからないんですけど!(;´Д`)ノ

おーい!どうしたんだー!オペルくん、しっかりしてくれー!
・・・という私の懸命な掛け声虚しく、エンジンがかかることはなく不吉な予感。
何度やってもダメ。

ど、ど、ど、どうしよう(((( ;°Д°))))
暑さのせいだけではない汗が噴出してきました。

10分ほど試してみたけどどうにもこうにも動かず、レンタカー屋のファイルを開いては見るが・・・

そうだよ、携帯圏外だったよ!
ダメじゃん!(-"-;A


緊急時にはこちらにお電話をなんて書いてあるけど、携帯の電波が届いてなかったら連絡しようにもできないんですよね・・・o(_ _*)o 
嗚呼、残念、無念。

そんな状況に追い込まれた私が取った行動はといえば・・・

とりあえず観光してくることにしました。(・ω・)b

誰かに助けを求めるにしても、車がレッカーされてしまうにしても、今お願いしちゃったら、せっかくモトブンまできたのに、モトブンを観光しないまま立ち去ることになってしまう!と。
そんなわけで、動かなくなった車を置き去りにしてモトブンの町へと繰り出していったのでした。
関連記事

category: モトブン

2010/05/25 Tue. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。