08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

リトル・ヴェニス 

FH010005_20100529225207.jpg
アドリア海に面したロヴィニィ   Rollei35

びっしりと並んだ家並み、細く狭い路地。
ロヴィニィの町並みは小さなイタリアと言われるくらい、ヴェネツィアと似ているそう。
旧市街の入り口であるチトー広場周辺の建物は、外壁がカラフルでとても可愛らしい。
イタリアからの船の便もあります。
*     *     *     *     *     *     *     *     *

今日の宿泊は、Hotel Villa Angelo D'oroです。
このホテルに泊まりたいがためにロヴィニィを宿泊地にしたのでした。
20100422?0504旧ユーゴ旅 252
ホテルは聖エウフェミア教会の裏手あたりに位置していて、チトー広場へも徒歩5分ほど。
建物は17世紀のものですが、とても手入れが行き届いているのがわかります。
フロントで携帯が圏外で電話できなかったことと、町のパーキングに駐車してきたことを
説明すると、「あそこは駐車料金がすごく高いから、ホテルの無料駐車場に移動しましょう」と
お兄さんが案内してくれました。
(もし携帯が通じるようであれば、パーキングに入れる前に電話をすればホテルのワゴン車で
迎えに来てくれて、そのままホテルの駐車場に車を置いてホテルまで送迎してもらえます☆)
ホテル駐車場は少し離れた場所にあるので、車内でスタッフのお兄さんと色々お話。
「今日はどこを観光してきたの?」

私「ピランを出てからグロジュニャンとモトブンを見て、ポレチュも見てきたの。」

「えー!それは見てきたというよりも‘通過してきた’だけでしょう!やはり数日は滞在しないと
   その町のよさとか見えてこないと思うよ。」

・・・確かに、そのとおり。

「ロヴィニィには何日くらい滞在するの?」

私「明日の朝まで。  明日はプーラに行って、夕方の飛行機でザグレブに行くの。」

「短すぎるよ!しかもザグレブに行くの?やめなよ!全然良くないよ。ごみごみしているし、
   ロヴィニィのほうが美しいし、食事も美味しいし、きっとリラックスできるよ!」

そういう旅の仕方ができたらどんなにいいだろうって思うのだけど・・・。
しかも、お兄さんの言うように、ロヴィニィはたぶん私がこの旅でいちばん気に入った町なので
(ピランといい勝負なのだけど、クロアチアの中では間違いなく1番!!)もし次があるならば
絶対ロヴィニィを拠点にしてイストラを満喫する旅にするだろうなぁって思っています。


かつては僧侶たちが暮らしていた建物だったとうプチホテル。
ロビーや客室にはアンティークな家具が置かれていて、落ち着いた雰囲気を醸しだしています。
重厚感あふれるデスク&チェアーやワードローブの素敵なこと!
2010GW旧ユーゴ旅8
バスルームへの扉も重い木のスライドドアで、中は広々していてとても快適。
ベッドサイドのライティングデスクは《この記事》で最後の2枚の写真がそうなんですけど、
我が家にも欲しいと思ってしまうくらい素敵なものでした。

古い建物なので当然、エレベーターなどはありません。
客室へはアンティークでエレガントな螺旋階段を。
灯りを落としていることが多く、またランプ等の間接照明なのでほの暗さがあります。
2010GW旧ユーゴ旅9
3階には私の大好きなSOLARIUMがあって、広々とした長細いそこは全面ガラス張りされていて
緑あふれる中庭に向いてソファが配置されていました。
写真はその中庭で、日中は開放されていて自由に出入りすることができます。
夏にはここにバーカウンターが出るんだとか。
小さな水場もあって、読書とか日記を書くとか、そんな静かな時間を過ごしたいときにオススメ。
スタッフの人がここで書類をまとめていたりすることもありますよ。
私もここでゆっくり本を読んだり、旅のまとめを日記にしたりしました。

さて、夕食をとることもあって、町を歩いてみることにしました。
ロヴィニィを気に入った理由のひとつに、「海への入口」がそこかしこにあること!
20100422?0504旧ユーゴ旅 260
これはホテルからチトー広場へ向かうまでの路地でみつけた海への入口。
どうぞお入りなさい、といわんばかりに開いているところがニクイです。

オレンジと真紅の建物に挟まれた、こんな入口も。
20100422?0504旧ユーゴ旅 261
階段で降りていった先には、海。
ものすごく胸躍るのは私だけでしょうか?

ここはもっと素敵。
20100422?0504旧ユーゴ旅 263
衣装かけも、華奢なベンチも用意されているんですから。
思わず降りていってベンチに腰掛けてしまいました。なんて素敵なんだろう。
イストラ半島は海辺の町がとても多いけれど、これほど海と共存していると感じられる町は
ないように感じました。この「海への入口」にとても感動した私です。
20100422?0504旧ユーゴ旅 264
ここがホテル前の路地なんですが、ここから「海への入り口」がいくつも存在しているなんて
ちょっと気づきませんよね? 来て歩いた人だけの特権です。
関連記事

category: ロヴィニ

2010/05/30 Sun. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。