05« 2018 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

ザグレブ歩き・1 

FH010030_20100611083413.jpg
近現代美術館前の通り   Rollei35

クロアチアの首都ザグレブは、ふたつの中世都市が合併してできた町です。
正式に合併したのは19世紀に入ってからですが、17世紀にはザグレブと呼ばれていたそう。
国際空港、国際列車の発着地であるとともに、市内にはトラムが整備されていてとても便利。
トラムを活用して町歩きをするのがお勧めです。
*     *     *     *     *     *     *     *     *

昼過ぎにサモボルから戻ってきたその足で、そのままザグレブ観光へ。
旧ユーゴ旅携帯 022
ザグレブ中央駅前からのびる広場前にはイェラチッチの騎馬像がそびえたっています。
ここからイェラチッチ広場までが新市街で、美術館や博物館、国立劇場などがたくさん。
キオスクでトラムの1日券(25kn)を買ったのに、乗ろうとしたらすでに落としてたという
悲しいできごとがありましたが(泣)、再度買い直してイェラチッチ広場へ。
20100422?0504旧ユーゴ旅 390
ザグレブのヘソとも言える広場であり、旧市街(丘の上)への入口でもあります。
この周辺はカフェやレストラン、shopがひしめきあっていて、夜中までにぎわっています!
そして、この広場はザグレブの発祥の地でもあります。
20100422?0504旧ユーゴ旅 391
「ザグレグ」というのは「堀」とか「溝」という意味だそうで、丘の上からこの広場を見下ろすと、
ちょうど溝にあたる部分だったというのが由来なんだとか。
写真は広場が形成された17世紀のころの泉の跡です。

旧市街は丘の上にあって、この広場から階段をのぼりながら青果市場をくぐりぬけても
行くことができるのですが、乗ってみたいものがありました。
世界一短いといわれるケーブルカー(笑)
20100422?0504旧ユーゴ旅 399
高低差20mほどで、片道30秒!
片道3kn(約50円)だったので、これは乗るぞ!と思っていました。
(きっと500円くらいしたら乗らなかったと思う。笑)
20100422?0504旧ユーゴ旅 400
徒歩でも余裕でのぼれる高さなだけあって、屋根が近いです(笑)

このケーブルカーを利用すると、降りてからまっすぐ歩けば有名な聖マルコ教会です。
20100422?0504旧ユーゴ旅 406
クロアチアの本にはかならず見開きなんかに載っているくらい有名な建物。
聖マルコ教会はモザイクの美しい屋根が特徴で、群青色と赤茶色のタイルをつかって
ふたつの紋章がデザインされています。
左側は、クロアチア王国、ダルマチア地方、スラヴォニア地方を表す紋章であり、
右側はザブレブ市の紋章です。
なかなかこういうモザイク屋根は見かけないので、とても珍しいですね。
これを目の前にしたとき「あ?、ザグレブきたぞ?!」って実感しました(笑)
関連記事

category: ザグレブ

2010/06/15 Tue. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。