08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

プリトヴィツェ湖群国立公園・3 

FH020001_20100628081716.jpg
Rollei35

この日のウォーキングで歩いた歩数はおよそ3万歩でした。
携帯電話に付属している万歩計機能なので、きちんとした万歩計で計測したら
もうちょっと多かったかもしれません。
町歩きと違って土や木の上を歩きながら、水と緑の空気を胸いっぱいに吸い込み
ほんとうに身体の中から浄化されるようでした。
20100422?0504旧ユーゴ旅 529
お茶したあとはまたウォーキング再開。バス停まで歩きます。
後半はけっこう滝が多く、たくさんの滝に遭遇。マイナスイオンたっぷりです。
20100422?0504旧ユーゴ旅 546
水量が豊富すぎるために、こうやって歩道の上にも水が流れてしまっている箇所も!
これ、雨がふったらどうなっちゃうんでしょうね(笑)
この道を進むと階段でくだるようになっていたのですが、下のほうでは外国人のみなさんが
かたまってがやがやと。
20100422?0504旧ユーゴ旅 549
こぞって写真を撮っていました(笑)
わかる!だって、本当にきれいなんだもの!
そして、いよいよハイライト。
20100422?0504旧ユーゴ旅 551
プリトヴィツェ湖群国立公園を紹介する記事では必ずといっていいほど、この場所からの
写真が使われますね。真ん中の歩道を歩いてこの撮影している場所まで来るのですが、
やっぱり上から眺めると圧巻!素晴らしいの一言に尽きます。
20100422?0504旧ユーゴ旅 561
さらに上へと上っていくと、これも見どころのひとつである滝、ヴェリキ・スラップ。
ちょっと日本の渓谷を感じさせる風景です。
ここからの景色は遠くまで見渡せておすすめ。
20100422?0504旧ユーゴ旅 571
息をのむ美しさなのだけど、写真ではなかなかお伝えできないのが残念!
でも、この風景を見たくて来たけど、その価値は十分にありました。
このあとはエコロジーバスに乗って最初の入口まで戻ります。
エコロジーバスは巡廻バスになっていて、降りなければ1周することができるのですが
私が乗ったバスはほぼ満員状態で多くの外国人客で埋まっていました。
後方からは英語での会話が聞こえてきて、前方は初老のグループでどこの国かわからず・・。
私はちょうど真ん中の空いている席に座ったのですが、座った途端、前方グループの男性が
外国語で話しかけてきました。英語ではなくて、まったくわかりません。
「英語しかできないんですけど、話せますか?」と言ったけど、外国語で返されて。
何かを私に尋ねているみたいなんですが、意味がわからず。
それに、私がその外国語を理解しないのを怒り出す始末(-""-;)
それでも私に尋ねるのをやめないので、私も根気よく聞きだそうとすると、「ボート」という
単語が出てきました。どうやらボートに乗りたいようですが、バス停からボート乗り場までは
歩く必要があるのかどうかを聞きたいみたい。
チケットの地図を指差しながら現在地とボート乗り場を説明して(英語でだけど)、ここからだと
けっこう歩く必要があるというと、なんとかわかったみたいで、その人はグループのみんなに説明。
みんなからはブーイングが起き、どうやら歩かないでボートに乗りたいよう( ̄ー ̄;
それならこのままバスに乗って、入口まで行ってから乗るなら歩かなくて済むということを
これまた延々と苦労しながら伝えるとやっと理解してくれたようで、みなさんも納得顔。
「とにかく、このままバスに乗って行くの!私も降りるから!」と何度も言ったような(笑)
最後の最後で「Merci beaucoup(メルシーボーク)」と言われて、フランス人だったのね!と
やっと気がつきました。
でも、私がフランス語がわからないからって、ここはフランスじゃないし、そんなに怒られても
困っちゃうんだけどなぁ(´・ω・`)
まぁ、最後はグループのみなさんから「Merci beaucoup」の嵐を受けたので、よしとしましょうか。
20100422?0504旧ユーゴ旅 581
そして、ここは入口近くのボート乗り場。
舗装された道をちょっと歩くだけでボートに乗れるので、歩きたくない人にはおすすめ。
ちょうどボートの修理をしているお兄さんたちがいました。
作業中だけど鼻歌うたったり、笑い声が耐えない仕事風景に和みました。

バスの時間までまだ30分以上あったので、湖のまわりを散策。
20100422?0504旧ユーゴ旅 586
橋が沈んでいるのを発見☆
使われていた時代もあったのでしょうか。ちょっと浪漫を感じます。

帰りのバスはほぼ定刻通りにきました。
よく歩いたし、朝も早かったのでうつらうつらしながらザグレブへ戻りました。
ザグレブのバスターミナルでチキンとサラダたっぷりをトーストしたバンズに挟んで
もらったものを簡単な夕食にして、そのまま荷物をピックアップして空港へ。
20100422?0504旧ユーゴ旅 590
21:20発の飛行機でSPLITへ出発。
到着してから市内へ移動してアパートを探してチェックインもしなくては・・・
まだまだ気の抜けない私なのでした。
関連記事

category: プリトヴィツェ

2010/06/28 Mon. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。