08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

ドブロヴニクでお買い物 

FH000019_20100719114013.jpg
ドヴロヴニクの本屋   NATURA CLASSICA

この日は朝から船に揺られたり、バスで5時間くらい移動したりと疲れていたので
SOBEにチェックインしたあとは夕飯を買いに出たついでに少し買い物をしただけ。
お店は見切れないくらいほどあるドブロヴニクの旧市街ですが、お気に入りのお店というのは
かならずみつかるから不思議です。
今回は、素敵な本屋と裏路地にひっそりと店を構えるお土産屋さんがそうでした。
旧市街のメインストリートであるプラツァ通りには、ずらずらずらっとお土産屋さんが
軒を連ねていますが、その中で思わず足を止めてしまったのがこちら。
20100422?0504旧ユーゴ旅 917
冒頭の夜の写真も同じお店なんですが、ウィンドウディスプレイがとても素敵なんです。
実は本屋さんなのだけど、ご覧のとおりレースや陶器などの雑貨も少し扱っています。
高そう・・・と思いながらも見るだけならいいかなと思って店内に足を踏み入れると、キャッシャーに
座っていたおばあちゃんが挨拶してくれました。
ウィンドウディスプレイされているレースを見てみたいと言うと、快く袋から出してくれました。
ランチョンマットだったら買いたかったのだけど、広げてみたら正方形のハンカチでした。
上質のリネンに花や蝶などの手刺繍がほどこされていて、とってもきれいだったのだけど、
使い道がなさそうだったのでやめました。断っても嫌な顔もせずに「ゆっくりしていって。」と
言われて、お言葉に甘えて店内をゆっくり見ることに。
この本屋さん、よく古本屋さんでみかけるような本を平積みに置いているんです。
絵本コーナーは特にほとんどが平積みされていて下のほうの絵本を取るのはけっこう大変(笑)
でも気にいった絵本をみつけることができました。

プラツァ通りは他にはいかにもなお土産屋さんばっかりで見る気がしなかったので、少し歩くことに。
地図で見ているときは気がつかなかったけど、旧市街はけっこう高低差のある土地なんです。
20100422?0504旧ユーゴ旅 918
ちょっと脇に入ろうものなら階段、階段の連続です。
地図をもたずに出てきたので、あんまり遠くへは行きたくないなと思いながらも、
さっそく迷子に(笑)
誰かに聞いちゃおうと思ってうろうろしていたら、静かな裏路地にポツンと開いているお店を発見。
店先には、ほかのお店ではみかけなかった素敵なレースのクロスがたくさんかかっていました。
そこで、道を聞く前にお店を見てしまう私。
ここはおじいちゃんがやっているお店で、ほかのお店のようにすぐ寄ってきてあれこれ説明もしないし
静かに座っているだけで感じがよかったのです。
店先にあったレースがとてもセンスがよいものばかりだったので、他にも見せてもらおうかと思って
おじいちゃんに声をかけたら、ほんとうにたくさん種類をだしてもらって悩む悩む。
「どんなのがいいの?何色がすき?柄は細かいほうがいいのかな?」と、色々聞いてくれて、
それに答えながら次々だしてもらって、いちばん気に入ったものを買うことに。
おじいちゃんがそれを包んでくれている間に店内を見てみると、なんだか素敵なものがたくさん
みつかってきてしまい(笑) 家族や友人へのお土産もほとんどここで買ってしまいました。
あんまりそんなたくさん買うお客さんがいないのか、おじいちゃんビックリしてたけど、
すごく喜んでくれておまけもたくさんしてくれたし何度も御礼を言われてしまいました。
プラツァ通りまでの戻り方も聞いて、途中パン屋でサンドイッチを作ってもらってSOBEへ。

買ったものの一部を紹介☆
20100422?0504旧ユーゴ旅 927
絵本2冊と、おじいちゃんとこで買った刺繍クロス。
絵本といっても、1冊は幼児のための文字練習帳です。
旧ユーゴ旅携帯等2
英語のアルファベットと比べてないものとあるものがあるのが面白い!

クロスはスクエアなので、我が家のダイニングテーブルにぴったりサイズ。
真白なリネンにシンプルだけど東欧らしいモチーフの刺繍がかわいいです。
20100422?0504旧ユーゴ旅 928
麻らしい繊細な透け感がいいんですよね?♪

買い物に出る前にSOBEで素敵な小箱を見ていたせいか、目に着いてしまった小箱。
20100422?0504旧ユーゴ旅 930
このチープな感じがまた気に入ってしまいました。
おじいちゃんにも「よくみつけたね」と言われたくらい、奥の方にひっそりと眠っていました。
ちゃんと鍵がついていて、頼りないけど鍵をかけることもできます(笑)

そして、立体的なレース編み。
旧ユーゴ旅携帯
葡萄とどんくりのモチーフです。
とても細いレース糸で編まれていて、真っ白と生成りと2色ありました。
私はお土産分を含めてぜんぶ真っ白を選びました。
お店ではワインボトルの首にかけて飾っていたけれど、我が家でそれをやろうとすると
そらがボール遊びなどをして倒して割る可能性があるので、ホウロウのキャニスターの蓋に
つけて飾っています。なかなかお洒落で素敵。

この日は船とバスの移動が長くて疲れていたので、早めにシャワーを浴びて休みました。
関連記事

category: ドゥブロヴニク

2010/07/27 Tue. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。