10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

アドリア海の真珠 

FH030019.jpg
スルジ山よりドブロヴニク旧市街を望む    Rollei35

アドリア海の真珠と称えられるドブロヴニク。
過去には幾度も大きな被害を受けてきました。最も大きな被害を被ったのは1667年の大震災で、
中心部で残ったのはスポンザ宮殿だけで、それ以外は瓦礫の山と化したそう。
また記憶に新しい1991年のユーゴスラビア連邦軍による攻撃も、町の歴史を語るには避けられない
悲劇でした。
このときの町の破壊されかたはとてもひどく、「危機にさらされている世界遺産リスト」に
載るほどでした。その後、ドブロヴニクの人々の不断の努力により町は修復され、危機リストから
除外されました。
*     *     *     *     *     *     *     *     *

旧市街を一望できるというスルジ山山頂へ行ってみることにしました。
徒歩でも行けるそうですが、暑いし脚の疲れもあるので私は素直にタクシーを選択(笑)
20100422?0504旧ユーゴ旅 1040
ピレ門前のタクシー乗り場に料金表(目安)が出ています。
スルジ山に行く感じの人がいれば乗り合いさせてもらおうと思ったのだけど、残念なことに
タクシー乗り場はガラガラ。
料金表を眺めていたら、案内係みたいな男性が「タクシー?どこまで行きたいの?」と
声をかけてきました。「スルジ山に行きたい」と言うと「看板のいちばん下だよ」と。
210knもしくは30ユーロと書いてあります。確認すると往復料金とのこと。
承諾するとタクシー運転手に行き先を告げてくれます。

10分足らずで山頂に到着。
「20分くらいフリータイムにしよう」と運転手に言われました。
20100422?0504旧ユーゴ旅 1027
山頂にはナポレオンが贈ったという白い十字架がたっています。
ここからの眺めは絶景で、人気の撮影スポットにもなっています。
20100422?0504旧ユーゴ旅 1017
ほら、見てください!美しいでしょう!
城壁にぐるりと囲まれた旧市街の様子が、とてもよくわかります。
柵などはないのでちょっと怖いのですが、美しさのあまり乗り出して見てしまいます。
反対側は山らしい緑の景色が広がっています。
20100422?0504旧ユーゴ旅 1026
写真には写っていないけど、ちょっと下に行くと可愛いロバ(donkey)がたくさんいます。
海側に視線を戻して、右手方向を眺めたところがこちら。
20100422?0504旧ユーゴ旅 1018
旧市街には大きなホテルなどはないドブロヴニクですが、こちらには大きなリゾートホテルが
点在しています。旧市街はにぎやかすぎるから、滞在はリゾート気分を満喫できる静かな環境
というのもいいのかもしれませんね。
20100422?0504旧ユーゴ旅 1025
標高412mのスルジ山、かつてはロープウェイで山頂まで上ることができたそうです。
でも1991年のクロアチア独立戦争の際に、旧ユーゴスラビア連邦軍によって破壊され、
現在は徒歩、または車でしかいけなくなってしまいました。
残念といえば残念ではあるのですが、山頂までの道はとても狭くて観光バスなどは入れないので、
団体客に会わずに済むというメリットもあったりします。

山頂からの景色も素晴らしかったのだけど、どうもピンとこない私。
求めていたのはこれじゃないような気がしてなりません。
運転手さんに「もう写真撮り終わったから戻ってOKですよ。」と、タクシーに乗り込み、
もと来た道を帰る途中・・・・でました、私の求めていた風景!
「お願い、止まって!ここで写真撮りたいの。3分だけ!」と必死に頼み込んじゃいました(笑)
岩と草をかき分けながら岸壁まで歩み寄ると、そう、これ!念願の風景はこれ!!
20100422?0504旧ユーゴ旅 1035
旧市街を真上から見下ろすのじゃなくて、横から眺めるっていうのかな。
この角度からが見たかったのです。
20100422?0504旧ユーゴ旅 1033
さっきと印象がちょっと違うの、わかっていただけるでしょうか?
そんなこと思うの私だけかしら。
でも、この風景を見て、ピン!と来たので、私にはこの角度だったんだと思います(笑)
駐車スペースもないところだったのに、イキナリの申し出に快く応じてくれた運転手さんに感謝。
降りていく途中、山道なのでぐるぐる回るのですが、その都度、旧市街の町並みが迫ってくるのが
とっても素敵なんです。
20100422?0504旧ユーゴ旅 1037
車内から撮ったので画像は悪いけれど、こんな感じ。
何度も感動を味わえて、ほんとうによかったです。

おまけに、旧市街に戻ってきて料金を支払う段階になったら「150knでいいよ」って!
看板に書かれていたのは210knで、運転手によってはこれ以上の金額を言ってくる場合も
あるってガイドブックに書いてあったので、まさかこんなに安くしてくれるなんて思わず。
しかも途中で撮影するために降ろしてもらったりと面倒もかけたというのに。
無口な運転手さんだったけど、安全運転だったし、おまけもしてくれたし嬉しかったなぁ

ドブロヴニクに行ったら、ぜひスルジ山には登ってください。
下では味わえない感動が待っていますよ?!(できれば夏らしい陽射しがあると◎)
関連記事

category: ドゥブロヴニク

2010/07/29 Thu. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。