08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

戸隠神社と「うずら家」の蕎麦 

最終日はパワースポットでもある戸隠神社をお参りして帰ることにしました。
戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
img_17_1.jpg
まずは中社にレンタカーを停めてお参り。
中社から奥社まではハイキングルートがあるとガイドマップに書いてあったので、せっかくだからその道をいくことにしました…が!
これが大きな間違いでした。
img_17_2.jpg
途中までは歩きやすい道で、道端に落ちている変わった形の松ぼっくりに驚いたり顔を出し始めたフキノトウに春を感じる余裕があったのですが、だんだんと雪が多くなってきて…
img_17_3.jpg
しかもその雪が解け始めているものだから、さあ大変!
雪解け水が川となり、足元はびしょびしょのグジュグジュ。
悪路を歩く予定はこれっぽちもしていなかったので、靴はトレッキングシューズではなく普通のスニーカー。だからあっという間に靴の中は水浸し。
やっとの思いで奥社の入口に到着。
img_17_5.jpg
とはいっても、奥社までは杉並木の神道を20分ほど上ったところにあるのでまだ先は長いです。
ここまではバスもきているので人でごった返していました。
img_17_4.jpg
奥社でお参りしたあと、生年月日を告げて神主さんが祈りと共に引いてくださるおみくじで、なんと大吉がでました☆
やっぱり苦楽があってこその人生ってことでしょうか。

歩き疲れた私たち。実はお昼を食べのがしていてお腹がペコペコ。
奥社の近くで何か食べてもよかったのだけど、ちょうどバスが来る時間だったので中社まで戻ってきました。
中社まで戻ってきたからには、戸隠蕎麦と言ったら「うずら家」の蕎麦を食べなくては帰れません!
大行列でいつになったら食べられるかわからないけど、せっかく来たのだから並ぶか…と名前を書き待つことに。
40分ほど待った頃、お店の人が暖簾を下ろして店の前にはこんな看板がかけられました。
img_18_1.jpg
あとから来る人来る人「ええっ、食べられないの?」と落胆の声をおとしていきます。
それを聞いて、ほかの店で食べてしまおうかと思い始めていた気持ちが吹き飛び蕎麦がますます楽しみに!

そして、やっとこさ私たちの番がまわってきました。
2階の座敷に案内されましたが、座席はゆったりした間隔でとられていて混んでいても窮屈な感じがまったくしません。
それにお店の方はどの方も感じが良くて、それだけでも評価点が上がります。
img_18_2.jpg
頼んだのは天ざる蕎麦(1700円)
天ぷらは海老・大葉・さつまいも・まいたけで、衣は薄くてさっくさく。どれも素材の甘味旨味が生きてます。
img_18_3.jpg
蕎麦は噂通り、こしが強くてしっかりした味。個人的にはちょっとこしが強すぎかな…という印象だったけど、とても美味しかったです。
ただ、子供にはちょっと硬いと感じるのか、そらはイマイチだったようです。
ここのお土産に蕎麦を買って帰るのもいいのですが、ぜひおすすめしたいのが蕎麦饅頭。
img_18_4.jpg
こんなに美味しい蕎麦饅頭は初めて食べたかもしれない。大袈裟ではなくて本当に。
それくらい美味しいです。お会計のレジの横に置いてありました。
戸隠に行ったら、ぜひ蕎麦だけでなく、この蕎麦饅頭もご賞味あれ。
関連記事

category: 安曇野・黒部2012春

2013/05/26 Sun. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。