10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. [edit]   CM: --

go page top

直島・ベネッセハウス周辺 

直島到着★
FH000010.jpg
Rollei35
船を下りると、ベネッセハウスの宿泊者専用バスが待機しているので、それに乗り込みます。

そのまま荷物だけ預けてしまうことも可能みたいだけど、この日はお盆で直島は激混み。
地中美術館は入場制限がかかっていて、整理券がないとチケットが買えない状態だったので、宿泊者用の整理券をもらう必要があり、まずはベネッセハウスへ。
初日はミュージアム棟に泊まります。
チェックインの時間にはなっておらず、荷物を預けてがてら地中美術館14時半入場の整理券を受け取りました。
その時間までは家プロジェクトを見たりしようと思っていたら、そらが海に行きたいというので海岸へ。
FH000013-001.jpg
Rollei35
ここにも直島アートが点在しています。
自然のなかで、ぽつんと佇むオブジェというのも素敵です。
IMGP2202.jpg
この辺をゆっくりと見ているのはベネッセハウス宿泊者くらいなのか、とても人気がなく静かです。
たまに人が来て写真を撮ったらすぐ帰って行く…という感じ。
IMGP2203.jpg
私たちもそらが海で遊びたいと言わなければ同じだったかもしれませんが、静かでのんびりとした時間が流れていて、木陰で冷たい飲み物とお菓子なんかがあればそれだけでも贅沢だと思います。
IMGP2215.jpg
海には誰一人おらず、まさにプライベードビーチ。
というのも、もうこの時期、かなりクラゲがでているので泳ぐには適していないそう。
IMGP2225.jpg
波打ち際にもたくさんのクラゲが打ち上げられてきていました。
刺されたらものすごく痛いし、こりゃ、泳ぐのは諦めようということに。
IMGP2216-001.jpg
そこで波打ち際で遊ぶことに。
これが楽しい。
そのうちそらとふたりで靴を脱ぎ捨ててジャブジャブ。
P1001402.jpg
ここは砂と言うより砂利っぽい浜です。
私のつけているアンクレット、倉敷を散策しているときに露天商のおばちゃんにビーズで作ってもらいました。ほんとうはブレスレットしか売っていなくて、アンクレットだったら欲しかったと言ったら「好きな色のビーズを繋いで作ってあげるよ」と言われて。
そういうやりとり、とっても楽しいし嬉しいです。

私が写真を撮ったりしている間に、そらはなんかやってるなーとは思っていたのですが、なんと海藻を黙々と拾っては浜辺に集めていました。
IMGP2219.jpg
毎回思うけど、なんでこんなに海藻とか好きなんだろう。
あ、偶然にもサンダルとリュックが全部紫色!

ひとしきり遊んでから、ちょっと散歩。
ここからパーク棟へ歩いていくと、あの「直島といったらコレ!」みたいになっている草間彌生さんの南瓜のオブジェが出てきます。
IMGP2252.jpg
かわいくて大人気。
写真を撮るのも並んで順番待ちしていました。

パーク棟の敷地内にはミュージアムショップがあり、そのまわりにはカラフルで楽しいオブジェがいっぱい。
img_23_4.jpg
大人は写真を撮るだけだけど、こどもはさすが!すぐ遊んじゃいます。
IMGP2242.jpg
大人の目線では見えないものとか、忘れてしまっているものを思い出させてくれるのが子連れ旅のよいところだといつも思います。
関連記事

category: 直島・瀬戸内2012夏

2013/07/07 Sun. [edit]   CM: --

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。